ワインの数だけ物語がある

ワインの数だけ物語がある

島根の風土から最高のワインを目指して

島根ワイナリーの起源は、昭和34年にまで遡ります。有限会社大社ぶどう加工所として、デラウェア100%でのワイン醸造を開始。

そこから年月を経て、昭和61年に現在の地で島根ワイナリーがオープンしました。それまでワインの原料となるブドウは、生食用のデラウェアや契約栽培の甲州、マスカット・ベーリーAを中心としていましたが、さらなる高品質ワインの製造に向け、ブドウ栽培から見直すべく県内の栽培適地を求めました。

そして、平成20年には中国山地の奥出雲町(旧横田町)に自社農園「横田ヴィンヤード」を開園。ここから島根ワイナリーの高品質ワイン造りへのさらなる挑戦がスタートしました。

島根の風土から最高のワインを目指して

島根ワイナリーの起源は、昭和34年にまで遡ります。有限会社大社ぶどう加工所として、デラウェア100%でのワイン醸造を開始。

そこから年月を経て、昭和61年に現在の地で島根ワイナリーがオープンしました。それまでワインの原料となるブドウは、生食用のデラウェアや契約栽培の甲州、マスカット・ベーリーAを中心としていましたが、さらなる高品質ワインの製造に向け、ブドウ栽培から見直すべく県内の栽培適地を求めました。

そして、平成20年には中国山地の奥出雲町(旧横田町)に自社農園「横田ヴィンヤード」を開園。ここから島根ワイナリーの高品質ワイン造りへのさらなる挑戦がスタートしました。

島根県奥出雲の自然の中で

横田ヴィンヤードは標高430~440mと高く、平均気温(12.1℃)は日本のワイン産地である長野県や山形県とほぼ同じであり、冷涼な気候の土地です。
また、内陸性気候・盆地であるため昼夜の寒暖差が10℃以上と大きく、ブドウの健全な生育や果実の成熟に非常に恵まれた土地です。

収穫したブドウは小仕込みタンクで丁寧にじっくり醸します。この良質な地で育ったブドウの個性や良さを最大限引き出すように、ナチュラルなワイン造りに努めています。

島根県奥出雲の自然の中で

横田ヴィンヤードは標高430~440mと高く、平均気温(12.1℃)は日本のワイン産地である長野県や山形県とほぼ同じであり、冷涼な気候の土地です。
また、内陸性気候・盆地であるため昼夜の寒暖差が10℃以上と大きく、ブドウの健全な生育や果実の成熟に非常に恵まれた土地です。

収穫したブドウは小仕込みタンクで丁寧にじっくり醸します。この良質な地で育ったブドウの個性や良さを最大限引き出すように、ナチュラルなワイン造りに努めています。

WINE COLUMN

ワインコラム

ワインは飲む前にボトルを適切な温度に冷やしてからグラスに注いで楽しむもの…とイメージしている方が多いと思います … 続きを読む

オンライン飲み

ワイン好きの方ならきっと一度は耳にしたことがある言葉、「アペリティフ」。レストランで席に案内され着席すると、「 … 続きを読む

ブドウ畑

ワインを表現するときに使われる言葉「テロワール」。ワイン好きの方は「このワインはテロワールを感じる」「テロワー … 続きを読む

ワインボトルの底に沈殿物がたまっていたり、フワフワと何かが浮かんでいるのを見たことはありませんか?これらは澱( … 続きを読む

最近よく耳にする「糖質制限」。ダイエットや体調管理のために挑戦中の方も多いのではないでしょうか?食事から摂取す … 続きを読む

ぶどうの木

近年、海外でも高い評価を得ることが増えてきた日本のワイン。その中でも定評があるのが、『甲州』という品種のブドウ … 続きを読む

コンビニワインとインテリア

おうちで過ごす時間が増えて、宅飲みを楽しんでいる方も多いのではないでしょうか。でも、「ただ家でお酒を飲んでいる … 続きを読む

テイスティングするソムリエ

ワインのテイスティングと言えば、皆さんは何をイメージしますか? レストランでグラスに少しだけワインを注がれて味 … 続きを読む

WINE COLUMN

ワインコラム

ワインは飲む前にボトルを適切な温度に冷やしてからグラスに注いで楽しむもの…とイメージしている方が多いと思います … 続きを読む