ワインコラム

初心者・苦手な人にもおすすめ!飲みやすいワインや美味しい飲み方って?

ワイン初心者やワインは苦手という方でも、飲みやすいものや方法を知ればきっとワインを楽しめます。

今回は、ワインの美味しい飲み方や飲みやすくする方法をご紹介します。

まずは“飲みやすい”ワインを選ぼう

ワインを選ぶイメージ画像

ワインを選ぶときに、次のことを参考にしてみると自分の飲みやすいものに出会えるかもしれません。

●まずは白ワインから

赤ワインの特徴ともいえる「渋み」は、日本に渋みのある料理が多くないこともあり、日本人にとってそもそもなじみにくいものだといわれています。

もちろんこの渋みが好きだという人もたくさんいるのですが、あまりワインを飲みなれていない方やワインに苦手意識を持っている方は、まずは白ワインから試してみるのがおすすめです。

赤ワインとは違って渋みがあまりなくすっきりとした味わいの白ワインの方が、初めは親しみやすく、飲みやすいと感じるのではないのでしょうか。

●甘口のものを選ぶ

先ほどご紹介した白ワインでも、「酸味が強めのものは苦手」という方は、甘口のものを選ぶのがよさそうです。

「甘さ」は、人間が美味しいと感じる味覚の一つともいわれているため、口触りもよく飲めるのではないでしょうか。

また、「デザートワイン」と呼ばれるワインがあるほど、甘いワインは世界的にも人気があります。

デザートワインの定義は国によって様々ですが、一般的にはデザート代わりに飲んだりスイーツなどと一緒に楽しんだりするような甘口のワインのことを指しています。

●アルコール度数で選ぶ

飲みやすいワインを探すときには、アルコール度数にも気をつけたいところです。

特にお酒に弱い方は、アルコール度数が低めのものを選んで無理せず飲みたいですよね。

一般的なワインのアルコール度数は約10~15度といわれていますが、それ以下のものもたくさんあります。

また、スパークリングワインにもアルコール度数が低めのものが多いので、探してみるとよいかもしれません。

ワインを飲みやすくする方法① カクテルにする

飲みやすいワインイメージ画像

美味しくアレンジするというのも、ワインを飲みやすくする方法としておすすめです。

混ぜるものや分量を変えることでワインの渋みやアルコール度数を調整することもできるので、自分の好みに合う飲み方が見つけられるかもしれません。

ワインにぴったりのカクテルをいくつかご紹介します。

●赤ワインのカクテル

【アメリカン・レモネード】

名前の通り、赤ワインをレモネードで割るカクテル。

レモンの酸味やシロップの甘さで渋みが抑えられるので、赤ワインが飲みやすくなります。

ガムシロップとレモン汁、水でグラスの半分程度の量のレモネードを作ったら、そこに赤ワインを注ぎます。

このときに静かに赤ワインを注ぐと、レモネードとワインが2層になり、見た目がとてもきれいなカクテルになります。

●白ワインのカクテル

【オペレーター】

白ワインにジンジャーエールを加えた、さっぱりとして清涼感のある口当たりが飲みやすいカクテルです。

作り方はとてもシンプルで、白ワインとジンジャーエールを合わせるだけ。

カットレモンやレモン汁があれば、加えるとさらに爽やかになります。

白ワインの甘口・辛口とジンジャーエールの甘口・辛口の組み合わせを変えて、味わいを変化させてみても楽しそうです。

●赤ワインでも白ワインでも

【サングリア風フルーツカクテル】

サングリアとは、ワインをオレンジジュースなどで割り、カットしたフルーツを漬け込んだワインカクテルのことです。

甘いジュースやフルーツを使えば、渋みのあるワインでも美味しく飲むことができます。

柑橘系やベリーなど、フルーツは好きなものでOKです。

一口大にカットしたものをグラスに入れたら、ワインとジュースを注いで飲みましょう。

ワインを飲みやすくする方法② 料理との組み合わせを楽しむ

ワインは、美味しい料理に合わせてゆっくりと飲むのが楽しいものです。

「ワインそのものの味が少し苦手」という初心者の方でも、ワインに合う料理と一緒に味わうことで美味しさを感じられるはずです。

●赤ワインには濃厚なガッツリ系の料理を

まずは赤ワイン。渋みと重厚感が特徴的な赤ワインには、ガッツリした肉料理や濃厚な煮込み料理がよく合います。

たとえば、濃厚ソースをかけたステーキとワインを合わせれば、こってりとした肉の味わいに赤ワインの渋みが相性抜群です。

●白ワインにはさっぱりとしたスッキリ系の料理を

白ワインに合うのはスッキリとした味わいの料理。カルパッチョや刺身などのフレッシュな食べ方がよく合います。

特にヒラメやタイなどの淡白な白身魚は相性抜群。

揚げ物などの油を使った料理でも、そこにレモンなどをかけてさっぱりとしたアクセントを加えれば、より白ワインに合いそうです。
  
  
このようにワインとの相性が良い食べ物を合わせることで、ワイン単体で味わう以上にその美味しさを感じられるはずです。

ワインを飲みやすくする方法③ 好きな食べ物と合わせる

ワインと食べ物のかけ合わせによって生まれる美味しさは未知数です。

先ほどお伝えした組み合わせはもちろんですが、基本的には自分の好きな食べ物を合わせるのが一番のおすすめ。

少し苦手と感じるワインでも、好きな食べ物と一緒なら挑戦しやすそうですよね。
  
  
一見「ワインには合わないかも?」と思うようなものも意外に相性が良いということも。

いろいろ試しながら、自分だけのオリジナルのマリアージュを見つけてみるのも楽しそうです。

ご自身にぴったりの組み合わせを探してみませんか?

自分の好きなものを食べながらワインも美味しく飲めれば最高ですよね。

ワインを美味しく飲むためのポイント

ワインを美味しく飲むイメージ画像

種類やアレンジ以外にも、次のことに気をつけるとワインはもっと美味しく飲むことができます。

●ワインの温度

ワインは、飲むときの温度によって味や風味の印象が変わるお酒です。

一般的に赤ワインは常温(10~18℃程度)で、白ワインは冷やして(5~14℃程度)飲むのが美味しいといわれています。

赤ワインは温度が高いと渋みがまろやかに感じられるため、常温に近い方が良いとされています。

渋みやコクよりもフレッシュさや酸味が味の中心となる白ワインは、冷やした方が美味しいといわれています。

ワインを飲むときは温度のことも考えると、ワイン本来の美味しさが味わえます。

●一度開けたワインは早めに飲み切る

ワインは一度栓を開けると、時間が経つほどに風味が変化します。

これは、ワインには空気に触れると酸化が進むという性質があるためです。

そのためワイン本来の美味しさを味わうには、一度開けたらできるだけ早く飲み切るのがポイント。

ホームパーティーなどの人数が多いときなら、みんなで一緒にワインを楽しみながらその場で飲み切ることもできそうですね。

また、余りそうだと思ったらハーフボトルのワインを買うというのも手です。

ワインを美味しく飲む方法は様々あります。

いろいろなワインの種類や飲み方から好きなもの見つけて、ワインの魅力を楽しんでみてくださいね。