ワインコラム

ワインを美味しくするワザ!?デキャンタージュという魔法

ワインを飲む前に「デキャンタ」という水差しのようなガラスの容器に移し替える「デキャンタージュ」。某ワイン漫画をご覧になって、「やってみたい!!」と思った方も多いのではないでしょうか?しかし、同時に「どうしてデキャンタージュするの?」という疑問も浮かびますよね。 今回は、そもそもデキャンタージュとは何か、デキャンタージュが必要なワイン、正しいやり方などについてご紹介します。

なぜデキャンタージュが必要なのか?

デキャンタージュ

デキャンタージュは、ワインの澱(タンニンやポリフェノール、酒石などが結晶化したもの)がグラスに入らないようにするために行います。年代物の赤ワインや熟成された白ワインの中には、澱が含まれているものがあり、グラスに注ぐときにこの澱が入ると風味が崩れてしまううえ、なんだか美味しくなさそうに見えてしまいます。そこで、ワインと澱を分けるために、デキャンタに移し替えるという工程が必要になるのです。

一方、澱がないワインのデキャンタージュは、ワインを空気に触れさせて味わいや香りを引き出すという目的があります。グラスに注いだワインをくるくる回すのと同じですね。

デキャンタージュした方が良いワイン、しない方が良いワイン

デキャンタと赤ワインとグラス

それでは、デキャンタージュが必要なワインは、どう見極めればよいのでしょうか? 澱を避けるという意味では、ボトルに詰められてから3年以上経っているというのが目安の一つなので、まずはヴィンテージを確認してください。特に、ボルドーのヴィンテージワインは澱を含むものが多いので、グラスに注ぐ前にボトルの中を確認し、必要に応じてデキャンタージュすると良いですね。

しかし、澱を含むワインはすべてデキャンタージュしたほうがいいのかというと、そうではありません。白ワインやスパークリングワイン、ピノ・ノワールのような繊細な香りと味を持つもの、酸味が強い赤ワインはデキャンタージュしない方が良いといわれています。

デキャンタージュとは、先に述べた通り「ワインを空気に触れさせて香りや味を引き出すこと」。年代物でもこれ以上空気に触れさせない方が美味しいというワインは、澱が立たないよう開封する3日以上前からボトルを立てて保存し、静かにグラスに注げば澱が入りにくく、美味しくいただけます。逆に、熟成が足りない若い赤ワインが、デキャンタージュによって美味しくなることもあります。テイスティングしてみて渋みが強すぎたり、香りが弱く感じたら、デキャンタージュすると良いですね。お店で飲むなら、ソムリエに聞いてみましょう。プロのデキャンタージュが目の前で見られるかもしれません。

正しいデキャンタージュとデキャンタの選び方

デキャンタの選び方

「ソムリエのようにかっこよくデキャンタージュしてみたい!」という方は多いと思いますが、まずはデキャンタに澱が入らないようにすること、ワインを美味しくいただけるように空気に触れさせることが何より大切です。澱を避けるデキャンタージュの場合は、ボトルの底に澱が沈殿するように前日くらいからワインボトルを立てておきましょう。そして、底にたまった澱が舞い上がらないように静かに栓を抜いて、澱が入らないように気を付けながら、ゆっくりデキャンタにワインを注いでください。このとき、ボトルにろうそくやランプの明かりを当てて、中の澱が見えるようにすれば、澱を避けて注ぐことができます(明るくて中の澱が見える場所なら、ろうそくなどは不要です)。

空気に触れさせるためのデキャンタージュなら、デキャンタの側面にワインが当たるように注ぐと、空気に触れるワインの表面積が大きくなります。デキャンタしたあと、どのくらいの時間を置いておくかについてはワインの特徴や状態、飲む人の好みによって変わってきます。最初のうちは特にこだわらず、ワインの変化を感じながら時間をかけて楽しんでみるのもおすすめです。

レストランで見るデキャンタは、水差しのようなものからカーブを描いたアート作品のようなものまでさまざまです。どれを選んだら良いか分からないと思われるかもしれませんが、実はワインを空気に触れさせることができれば、どんな容器でも問題はありません。ただ、雰囲気もワインの味を左右する大きな要素ですので、自宅でワインを楽しみたい人は、お気に入りのデキャンタを探してみるのも素敵ですね。ワインをより一層美味しく楽しめるデキャンタージュ。ワンランク上のワインライフを楽しみたい方は、ぜひお試しください。