ワインコラム

実はたくさんある!ワイングラスの種類や選び方を知ろう

ワイングラスには、ただワインを飲むだけではなく、ワインの香りや味などを楽しむための工夫があることを知っていますか? この工夫の違いによって、ワイングラスには数多くの種類があります。

ワイングラスでワインの味が変わる!?

ワイングラスイメージ画像

ワイングラスの各部分には、それぞれに名称があります。一番上の飲み口は「リム」、ワインが入る本体は「ボウル」、脚は「ステム」、土台は「プレート」などと呼ばれています。
この中でも特にリムとボウルは、ワインの風味に違いを生む部分です。

●ワイングラスで香りが変わる
ワインを楽しむうえでは欠かせない“香り”は、ワイングラスと大きく関係しているといわれています。ワイングラスのボウルは、大きさやカーブの形状などによってワインの香りが変わってくる重要な部分です。
例えば、小さいボウルのワイングラスは、ワインの香りがそのまま伝わりやすいためワイン本来の香りを楽しむことができます。また、反対にボウルが大きいと、ワインが空気に触れる面積が広くなり、複雑な香りもしっかりと引き出すことができます。
ワインの香りに影響を与えるこのボウル部分に工夫を凝らしたワイングラスが様々なメーカーから販売されているようです。

●ワイングラスで味が変わる
香りだけではなく、ワイングラスの違いは味の違いにも関わっています。口の中に流れ込むワインのスピードや量も、ワインの味わいに影響しているといわれています。
例えばリムが狭い形状のワイングラスは、少し傾けただけではワインが口に入ってこないため、自然とグラスを大きく傾けます。それによって、ワインが速いスピードで流れ込んできます。逆に、リムの広いワイングラスは、少し傾けるだけでワインがゆっくりと口の中に入ってきます。
このようなワイングラスを傾ける角度によって、口の中に流れ込むワインのスピードや量が変わり、この違いがワインの味わいにも影響してくるようです。

代表的なワイングラスの種類

ワイングラスの種類イメージ画像

ワイングラスにはたくさんの種類がありますが、ここでは代表的なタイプをいくつかご紹介します。

(1)ブルゴーニュ型
ブルゴーニュ産ワインのように華やかな香りや酸味のあるワインに適したグラス。ボウル部分が広いため、ワインが空気に触れる面積が広くなり、香りをしっかりと引き出すことができます。

(2)ボルドー型
ボルドー産のワインのような渋みが強めの赤ワインと相性が良いグラス。程よくカーブしたボウルがワインの複雑な香りを整え、渋みを和らげつつもしっかりとした味わいを感じることができます。

(3)モンラッシェ型
シャルドネ種などの酸味が少なく果実味が豊かな白ワインに適したグラス。ボウルのカーブが緩やかでワインが舌全体に流れ込む形状になっているため、コクや果実の香りをしっかり味わうことができます。

(4)フルート型ワイングラス
「シャンパングラス」ともいわれるこのタイプは、スパークリングワインに適したグラスです。細長いボウルは、ワインを注いだときの泡も楽しめるようになっています。また、この形状には炭酸が抜けにくい効果もあるといわれています。

ワイングラスの選び方

ワイングラスを選ぶイメージ画像

では、実際にワイングラスを選ぶときには、どんなものを選ぶとよいのでしょうか?初めて買うという方にも参考にしてほしい、いくつかのポイントをご紹介します。

●赤ワイン用・白ワイン用で選ぶ
先ほどご紹介したもの以外にもワイングラスにはたくさんの種類があります。「種類がたくさんあってよく分からない」という方は、まずは一番大まかに分けることができる、赤ワイン用と白ワイン用のワイングラスをチェックしてみましょう。
2つのワイングラスの違いの一つに、大きさがあります。白ワイン用よりも赤ワイン用の方が大きいものが多いです。
赤ワイン用のグラスは、大きなボウルによって赤ワイン特有の複雑で濃厚な香りを感じることができます。一方の白ワイン用のグラスは、小さめのサイズ感がワインがぬるくなるのを防ぎ、白ワイン本来のフレッシュな美味しさを味わうことができます。
赤ワインか白ワイン、まずは頻繁に飲む方のワイングラスを選んでみてはいかがでしょうか。

●割れにくいものを選ぶ
ワイングラスは細いステムの形状などからも分かるように、繊細に扱わなければいけません。アルコールの回った状態で、ワイングラスを倒して割ってしまったという経験をされた方もいるのではないでしょうか。
ワイングラスの割れにくさというのはとても重要です。長く大切に使うなら特にそうですが、ワイングラスを初めて買うという方にも注目してほしい要素です。
実際に、様々なメーカーが頑丈さを売りにしたワイングラスを販売しています。また、「割れにくい=グラスが厚い・重いのでは?」というマイナスイメージも一掃するような、「軽いのに頑丈」という、素材や作り方にこだわったものまであります。

●無色のものを選ぶ
味や香りだけではなく、色合いも楽しめるのがワインです。ワイングラスを選ぶときは無色透明のものがおすすめです。色や華美な装飾のついたものだと、ワインの色がよく分からなくなってしまうため、あまり向いていないといわれています。
せっかくワインを飲むなら、ワイン本来の色も楽しめるようなワイングラスを選びましょう。

ワインの美味しさを引き立たせる種類豊富なワイングラス。同じワインを違うタイプのワイングラスで飲み比べてみるのもおもしろそうです。
それぞれのタイプに特長があるので、いろいろなものを見ながらワイングラス選を楽しんでくださいね。