ワインコラム

ワインは冷やす?冷やさない?美味しく飲める適温を徹底解説!

「赤ワインは常温で」普段ワインを飲まない方でも、何となく聞いたことがあるこの言葉。「常温って何度?」「なんで冷やすといけないの?」と疑問に思われたことはないでしょうか。この「赤ワインは常温説」、実際のところはどうなのか、白ワインやスパークリングワインは冷やして良いのか、ワインの温度にまつわる疑問を分かりやすく解説いたします。

赤ワインは冷やすとどうなるの?常温が良いといわれる理由と適温をご紹介


赤ワインを飲むときの適温はライトボディなら12~14度、フルボディなら16~20度といわれています。「ボディ」とはワインの深みを表すもので、味わいによって決められるので細かい規格があるわけではないのですが、最も重厚なフルボディはタンニンが多く含まれており、渋みと濃厚な香りが特徴です。最も軽やかなライトボディはタンニンが少なく、アルコール度数も低めのものが多いので日常的に飲むのにぴったり。ミディアムボディはその中間で、ワインの味わいも楽しめ、お料理にも合わせやすいのが特徴です。

赤ワインの適温には、実はこのタンニンが深くかかわっています。「赤ワインは渋くて苦手」という方にお話しを聞いてみると、「渋いのが嫌だから冷やして飲んだ」と仰るのをよく耳にします。実はこれが逆効果。赤ワインは冷やすと渋みが際立ってしまうのです。赤ワインの渋みが苦手という方は、飲みやすいものが多いライトボディの赤ワインを、適温の12~14度で一度味わってみてください。苦手だった渋みが和らいで、ワインの豊かな香りが感じられますよ。

もちろんワインごとに様々な味わいがありますので、ライトボディなら絶対に12~14度、フルボディなら16~20度と一概にいえるものではありませんが、ワインの渋み、豊かな香りや味わいを良いバランスで楽しめる温度がこの「赤ワインは常温で」という言葉に込められています。

冷蔵庫は冷やしすぎだった⁉白ワインの適温と正しく冷やす方法


赤ワインとは逆に、冷やして飲んだ方が良いといわれる白ワインにも適温があります。一般的に辛口なら10度前後、甘口やスパークリングワインなら6~8度程度が白ワインを美味しく飲める温度といわれています。
冷蔵庫の温度は5度前後が多く、設定によってはもっと冷たくなりますので、実はワインを入れるには温度が低すぎるんです。白ワインは冷やしすぎると豊かな香りや甘味を感じにくくなりますので、ワインの風味をゆっくり堪能したい時は、冷蔵室より少し温度高めな野菜室に入れて冷やしておくのがおすすめです。

ちなみに、「なんだか味わいがぼやけている…」と感じる白ワインがあれば、あえて冷蔵室でしっかり冷やすという方法も。冷やすことで酸味が際立ち、フレッシュ感あるキリっとした味わいになりますよ。

ワインがもっと美味しく飲める!正しい冷やし方をご紹介


先ほどもご紹介した通り、ワインを冷やすのにおすすめなのが冷蔵庫の野菜室です。白ワインの適温に近い温度なので、庫内でワインが転がらないよう気を付けて保管しておけば、冷蔵庫から取り出してすぐに美味しく飲むことができますよ。

ワインをゆっくり楽しみたい時は、冷蔵庫から出した後でワインクーラーに入れて冷やすのがおすすめです。冷やしすぎには注意が必要ですが、暑い季節でも最後まで美味しくワインを飲むことができるうえに、見た目も華やかでホームパーティーにもぴったりです。

最後に赤ワインの冷やし方をご紹介します。「赤ワインは常温で」ですが、夏は暑く、冬は寒い日本で本当にワインを常温保管していたら劣化してしまいます。ワインの保管に適した温度は13度程度ですので、赤ワインは野菜室などのひんやりと冷たく、温度が一定の場所で保管し、飲む前に室内に出して適温になるのを待つのがおすすめです。
冷やしたり、常温に戻したり、少し面倒に感じられるかもしれませんが、このひと手間もワインの味わいのひとつです。ワインがお好きな方はもちろん、ちょっと苦手かも…という方も、ぜひ一度、ゆっくりじっくり、ワインを味わってみてくださいね。